自律神経を改善するセルフマッサージ方法とは?

自律神経の症状にも効果が得られると言われているセルフマッサージの方法をご紹介いたしますので、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

お腹の調子が悪い方や不快感に効果的だと言われているため、お腹周りにマッサージでアプローチする事によって内臓の活性化を促すという事なのです。

まずはお腹全体を軽く触ってみて、張っているかどうか痛い所がないかどうかなどの確認を行い、仰向けで寝転んで膝は立てた状態でセルフマッサージを行いましょう。

ヘソの右側から手のひらを当てて、時計回りに円を描くようにマッサージしていきますが、少しずつ円を大きくしていきましょう。

強い力加減ではなく、気持ち良い力加減で軽く摩るようにして数回ほどマッサージしたら、両手の指3本をヘソの右側に当てた状態で、軽い力で圧迫しながら指圧していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です